発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


ストラビジョンバナー

技術&事業
インキュベーション・フォーラム
ELECTRO-TO-AUTO FORUM
HD Processing FORUM
日経BP知財Awareness

大同団結する韓国ディスプレイ業界 −日本企業との技術競争力を比較 大同団結する韓国ディスプレイ業界
目次&サンプルボタン お申し込みボタン


 韓国産業資源部は2007年5月14日,Samsung Electronics Co., ltd.,Samsung SDI Co.,Ltd.,LG Electronics, Inc.,LG.Philips LCD Co., Ltd.とともに,特許協力,共同研究開発の推進などを盛り込んだ「8大相互協力」に合意したと発表した。韓国内での積極的なクロスライセンスの推進,情報の共有化,共同研究開発の推進などを図っていくとする。これにより,韓国ディスプレイ業界の技術競争力は飛躍的に向上する可能性が出てきた。日韓ディスプレイ業界の技術競争力相関図はどのように変化していくのか。 日本の主要ディスプレイ・メーカーに,新たな韓国連合はどのような影響をもたらすのか。 主要部材における日本優位の状況は崩れるのか。 これまでの状況と8大相互協力後の状況を分析し,第2次ディスプレイ戦争とも言える状況の行く末を見極める。

関連記事

シャープが韓国Samsungを液晶特許で提訴
米国でパネルとセットの販売差し止め請求
[2007/08/07]
 シャープは,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.と関連会社の米Samsung Electronics America(SEA),米Samsung Telecommunications America(STA)の3社を特許侵害で提訴したことを,2007年8月7日に発表した。米国テキサス州東部地方裁判所で8月6日(米国東部時間)に提訴した。
【過去の関連記事】
韓国LG Electronicsが日立などを逆提訴
韓国ディスプレイ業界が大同団結 「8大相互協力」の内容と効果を分析


大同団結する韓国ディスプレイ業界 −日本企業との技術競争力を比較

企画・著作 SBIインテクストラ(株)
編集・発行 (株)テクノアソシエーツ 日経BP知財Awareness
発 売 日経BP社
発行日 2007年7月6日
価 格 本体:190,000円+税
頁 数 186ページ/カラー(PDF版,参考データ集入りCD-ROMが同梱)
目次&サンプルボタン
お申込み ※本レポートは,日経BP社で販売しています。
お申し込みボタン
お問合わせ レポートに関するお問い合わせ




第1章:「8大相互協力」の影響
2007年5月14日,韓国産業資源部主導のもと,韓国の主要フラットパネル・ディスプレイ(FPD)メーカーが,「8大相互協力」に合意した。これにより,日本,台湾を含め,東アジアを中心に激しい競争を繰り広げてきたFPD業界に,新たな再編の波が押し寄せようとしている。本章では法的視点,契約的視点から,「8大相互協力」の実態を探る。はたして,「8大相互協力」は表層的ではなく,実体を伴った内容になりうるのか。日本企業に,どの程度の影響を及ぼすのか。そして,FPD業界のバリューチェーンにおける,今後の主導権の行方は。
第2章:「FPD(LCD,PDP,OLED)に関する技術競争力の分析
韓国産業資源部の指導のもと決議された「8大相互協力」によって,日本と韓国のフラットパネルメーカーの技術競争力は,どのように変化するのか?LCD(液晶ディスプレイ),PDP(プラズマディスプレイ),OLED(有機ELディスプレイ)日韓主要パネルメーカーを引き合いに出し,各メーカーの技術力を,SBIインテクストラの特許評価・分析システム「StraVision®(ストラビジョン)」を活用して,比較分析を行なう。韓国FPDメーカー各社の技術力の結集は,これまでの日本FPDメーカーの技術優位性にどの程度の影響をもたらすのか。
第3章:フラットパネル・ディスプレイ・メーカーの提携関係
FPD業界では,国境を超えた技術提携や資本提携,販売提携が日々繰り返されている。LCD,PDP,OLED主要メーカーの提携関係を,メディアでの報道記事や各社のプレスリリースなどから明らかにするとともに,各社間での共同研究の関係を,“特許”情報から探る。メディア情報からでは窺い知ることのできなかった真の提携関係はあるのか。
第4章:主要部材に関する日本企業と韓国連合の技術競争力比較
最終製品であるディスプレイだけを見ていては,その実態は見えてこない。その裏にはディスプレイを構成する液晶組成物や偏光板,駆動回路技術といった要素技術が重要な役割を占める。FPD材料やFPDの構成部材は,日本企業の独壇場といわれている。しかし,今回決議された「8大相互協力」では,韓国FPDメーカーの系列を超えた部材調達や研究開発協力,特許協力が盛り込まれており,国家を上げてFPD主要部材の内製比率を高めようとする動きが見える。系列を超え,大同団結した韓国部材メーカーの影響はどの程度なのか。 日本のFPD主要部材メーカーは,現在の高いシェアを維持することができるのか。 各社の保有する技術を客観的に分析できる“特許”情報に着目し,SBIインテクストラの特許評価・分析システム「StraVision®(ストラビジョン)」を活用して,主要部材メーカーの技術競争力を比較分析する。
第5章:まとめ
「8大相互協力」を採択した韓国ディスプレイ産業協会(会長:李 相浣(イ・サンワン)サムスン電子社長,副会長:権 暎寿(クォン・ヨンス)LGフィリップスLCD社長)の創立総会で,初代会長に選任された李相浣氏は,「2015年までに,韓国のディスプレイ産業の規模を現在の2倍にあたる100兆ウォン(約12兆円)台に押しあげる考え」とのビジョンを示した。はたして,日本および台湾メーカーはこれに対抗できるのか。第2〜第4章までの分析結果を踏まえ,将来のFPD業界の勢力図を予測する。

電子・自動車産業Watcher 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
業界動向クリッパー 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ