発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム
ELECTRO-TO-AUTO FORUM
HD Processing FORUM
日経BP知財Awareness

製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後〜部品メーカーの電動車戦略とOEMの調達・内製化はどこまで進んでいるのか?

 現在、世界市場においてEVをはじめとする電動車の動向は不透明感を増している。こうした電動車市場の将来動向を見極めるには、クルマの性能や技術動向、開発戦略の視点のみならず、各社が展開する製造戦略に注目する必要がある。電動車の普及に向けては量産による低コスト化が優先課題の一つであり、一定の開発レベルで大規模量産を実現した者が市場の主導権を握る。そのため、電動車およびリチウムイオン電池サプライヤー各社の量産規模、注力度、当初計画と現状、市場影響力は注目する必要がある。そこで本レポートでは、主要自動車メーカー11社の電動車の製造戦略、および米国・欧州・アジア地域における販売市場・製造拠点の動向から、電動車市場の現状と将来動向を考察した。併せて、Tier1や電池、モーター、インバーター、制御、インホイールモーターなど主要部品メーカー、電池素材、炭素繊維素材など材料メーカーの電動車戦略についても紹介。本書を通じて、各社の優位性や課題、重点地域、優先するパワートレインとその本気度、公開情報と現状とのギャップなどが浮かび上がる。

目次&サンプルボタン


<本レポートの特徴>
★電動車市場について、開発車種の性能・技術動向を紹介した出版物が多く見
   られる中、本レポートでは主要自動車メーカーの製造戦略、および主要部品
   メーカーの電動車への取り組みの視点で分析。

★電動車および電池サプライヤー各社のリチウムイオン電池の量産規模、当初
   計画と現状との違い、注力度、市場影響力などを考察。

★世界各地で展開される製造拠点は今後どのように変わっていくか。 電動車製造
   戦略のトレンドを当社独自の考察を交えた分かりやすく紹介。

★米国、欧州、アジア地域別の販売市場と製造地域動向について考察。
★重要視される共通プラットフォームの導入と電動車、各部品サプライヤーとの関
   係について考察。


<トピックス>
●トヨタ、HV混流生産がすぐに展開できる他の工場候補は世界にこれだけある
●VWの2018年 電動車量産計画
●難易度が低いEV製造こそコストの安い新興国で
●LGのミシガン州電池セル工場は、販売が原因で生産開始に至っておらず
●中国での電動車製造は、コア部品も含めた現地一貫生産へ突入
●15万円のHVシステム原価を4代目プリウスで実現、その後は標準化へ
●VWプラットフォーム統一化で部品メーカーの採用有無は天と地の違い。
●ルノー・LG・CEA共同の10万台電池生産はFlins工場で生産せず見直しへ
●フォード、2013年 電動車10万台量産と内製化へ進む
●Bosch、欧州の「e-モビリティ R&D」 から世界の「e-モビリティ」サプライヤーへ
   飛躍
●Continental、EV共同開発と生産でTier1の枠を超える
●ミシュラン、タイヤ屋からパワートレインベンダーへの進化、2014年付近でインホ
   イールモーター市場投入、サスペンション内蔵タイプは2016年で計画実施中
●BASF、電池材料をBoschと共同開発
●産業革新機構主導でリチウムイオン電池先端素材を集約
<想定読者>
自動車メーカー、部品メーカー、素材メーカー、自動車関連サービス企業の 開発、製造、販売、購買、企画部門
「製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後」 サンプル
本レポートの収録内容の一部を
無料でダウンロードしてご覧いただけます。

(PDFファイル/9ページ)

関連記事
[2013/01/31]
 海外メーカーを中心に大手部品メーカーが、電動ドライブシステムのラインアップの充実に力を入れている。HV分野のトランスミッションで顧客開拓を行い採用が進んでいる企業、EV向けソリューションの一括提供を始めた企業など、実際に採用が進み、商売を広げている企業も出てきた。最近では、電動化部品を規格化し、完成車メーカーが主要ユニットをわざわざ開発しなくても済むように製品群の整備を始める動きも出ている。



製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後

発 行   日経BPクリーンテック研究所
調 査   株式会社テクノアソシエーツ
発 売   日経BP社
発行日   2012年12月21日
頁 数   135ページ
仕 様   A4判(モノクロ)
価 格   本体:112,000円+税
お申込み  
    ※本レポートは,日経BP社が販売しています。
(申し込みボタンを押すと,日経BP社の販売ページに移動します)

<セット特別価格>
3冊セット
内 容   「自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013」
「製造戦略から見たPV・PHV・EV動向と今後」
「次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会」
価 格   380,800円 → 【改定特価】 本体:289,800円+税
お申込み  
    ※本レポートは,日経BP社が販売しています。
(申し込みボタンを押すと,日経BP社の販売ページに移動します)
2冊セット
内 容   「製造戦略から見たPV・PHV・EV動向と今後」
「次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会」
価 格   224,000円 → 【改定特価】本体:168,000円+税
お申込み  
    ※本レポートは,日経BP社が販売しています。
(申し込みボタンを押すと,日経BP社の販売ページに移動します)

 
本レポートの内容に関するお問い合わせ
株式会社テクノアソシエーツ
TEL:03-5545-1723   Eメール: info@technoassociates.com

電子・自動車産業Watcher 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
業界動向クリッパー 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ