発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


ストラビジョンバナー

技術&事業
インキュベーション・フォーラム
ELECTRO-TO-AUTO FORUM
HD Processing FORUM
日経BP知財Awareness

中国ハイテク企業の技術競争力分析−急成長する中国は,技術力で日本を追い抜くのか?− 中国ハイテク企業の技術競争力分析
目次&サンプルボタン お申し込みボタン

 テレビ,DVD,PC,冷蔵庫・・・。世界市場で台頭する中国ハイテク企業。「世界の工場」と呼ばれる製造力には疑いの余地はないが,「技術力」・「製品力」・「ブランド力」では日米欧の業界トップ企業にはまだ劣るとの見方が多い。しかし,それは本当だろうか?「技術力」についていえば,中国ハイテク企業はここへ来て研究開発などへの投資を積極的に進めており,その競争力は急激に伸びている。日米欧の主要企業と肩を並べるのもそう遠いことではないかもしれない。
 特に,世界市場で事業を展開する日本企業は,このような状況を想定し,今から準備を進めておく必要があるだろう。そのためには,まず中国の家電・PC・通信企業の技術的な潜在能力を正確に理解しておかなかればならない。

中国の家電・PC・通信企業の技術的な潜在能力を徹底分析。
業績,R&Dへの金銭および人的投資推移,技術蓄積状況などを質と量の両面から分析。
さらには日米欧(韓)の業界主要企業との技術蓄積比較や提携関係についても分析。
世界市場の縮図であり,日本企業との主戦場でもある米国市場に着目。
知的財産コンサルティング企業SBIインテクストラの特許評価・分析システム「StraVision®(ストラビジョン)」を活用。

【主な注目企業】
総合家電分野: 海爾(Haier),美的(Midea),TCL,海信(Hisense),京東方(BOE),上海広電(SVA),PC分野:聯想(Lenovo)
通信分野: 華為技術(Huawei),北大方正(Founder),大唐電信(Datang Telecom)
その他: 中興通訊(ZTE),熊猫電子(Panda)

関連記事

「製造力」に加えて「技術力」も強化
成長続く中国エレクトロニクス企業
[2007/09/19]
 家電,パソコン(PC),通信などの分野で台頭している中国企業が,新しい戦略を打ち出し始めた。これまでは,海外企業からの技術導入やリバース・エンジニアリングといったキャッチ・アップ型の研究開発体制によって研究開発費を抑える一方,「世界の工場」と呼ばれる製造力で冷蔵庫,テレビ,DVD,パソコン(PC)などのコモディティ製品市場で事業を拡大してきた。


中国ハイテク企業の技術競争力分析

企画・著作 SBIインテクストラ(株)
編集・発行 (株)テクノアソシエーツ 日経BP知財Awareness
発 売 日経BP社
発行日 2007年11月1日
価 格 本体:280,000円+税
頁 数(予定) 189ページ/カラー(PDF版,参考データ集入りCD-ROMが同梱)
目次&サンプルボタン
お申込み ※本レポートは,日経BP社で販売しています。
お申し込みボタン
お問合わせ レポートに関するお問い合わせ



電子・自動車産業Watcher 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
業界動向クリッパー 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ