発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム


目次 ※下記は予定であり,変更になる可能性がございます。

1. エグゼクティブ・サマリー
 
2.2015年までに起こる蓄電池業界10の予測
(1) 世界の電池メジャーは8社に絞られる
  (2) 電池の低コスト化はEVが牽引する
  (3) 電池のコスト競争力は規模、材料、構造で決まる
  (4) 中国の電池メーカーは世界を席巻しない
  (5) 鉄系電池はマイナーな存在になる
  (6) BMSは企業間で技術的な差がなくなる
  (7) 汎用の「18650」は大型電池で主流にならない
  (8) 定置型電池は電気自動車用がメインとなる
  (9) 電池生産は一極集中型から地産地消型へ
(10) 政府の支援策が電池の市場成長を促す
 
3.世界を牽引する電池メーカーの企業戦略
・ 中国メーカー(BYD、天津力神、万向集団)
・ 韓国メーカー(LG Chem、Samsungグループ)
・ 米国メーカー(EnerDel)
・ 日本メーカー(日産グループ、三洋電機)
 
4.蓄電池の低コスト化、高性能化を牽引する応用技術開発
<中国>
  ・ 中国のエコカー戦略と技術・市場動向
  ・ 「EVS25」にみる中国製EV/PHEV
  ・ 中国電池メーカーによる定置型蓄電池の事例
  <米国>
  ・ 米国のエコカー戦略と技術・市場動向
  ・ 「LA Autoshow」にみる米国製EV/PHEV
  ・ 米国におけるプラグインハイブリッド車の開発
  ・ 米国における蓄電技術の動向
  <日本>
  ・ 日本のエコカー戦略と技術・市場動向
  ・ 日本の大手自動車メーカーによるEV/PHEV開発動向
  ・ 日本におけるコンバートEVの開発動向
     
5.電池設計の要となるBMS(battery management system)技術
<BMSの目的と手法>
  ・ BMSを使用する目的
  ・ BMS技術の概要および基本的な手法
  ・ BMSのコスト試算および考察
    *日産自動車「リーフ」
    *三菱自動車「i-MiEV」
<BMSの技術開発動向>
  ・ 市販BMSや各企業によるBMS技術の動向
    *BMSの開発主体
         事例:中国製の市販BMS
    *「18650型」セル使用電池パックとBMS
         事例:Tesla Motors社
    *アクティブバランス技術
         事例:FDK/NEDO
<BMS用ICの特徴と技術の差異化要因>
  ・ BMS用ICの概要と技術動向
  ・ 主要BMS用ICメーカーのBMS製品と技術
    *米Linear Technology社
    *米Maxim Integrated Products社
    *米Texas Instruments社
    *沖セミコンダクタ
     
6.資料集
  ・ 中国自動車業界動向(自動車メーカーの実績・シェア、生産拠点、政府の政策)
   
  ・ EV関連の新興企業提携動向(中国新興企業、欧米ベンチャーなど)
 



次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ