株式会社テクノアソシエーツ LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006 電子産業・成長戦略フォーラム 発行レポート

「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006」関連記事
[2006/01/18]

 画面サイズ,色再現,解像度,コントラスト比など,テレビ向けディスプレイとしての性能を示す指標において,LCDがCRTを上回り始めた。すでに,LEDバックライトの採用によって,NTSC比で100%を超える色再現やフルスペックのハイビジョンを上回る画素数が実現するようになった。また,放送局で使うモニター向けではあるが,コントラスト比が100万対1のLCDパネルも登場した。
 LCDを利用したデジタル・テレビは,もはやテレビ放送を表示するだけのディスプレイではなくなっている。つまり,放送規格の範疇での画質競争にこだわる必要はなくなっているのである。このような観点から,画質を向上する余地が十分にあるLCDは,画素数の向上に大きな課題を抱えているPDPや,画質面ですでに成熟しているCRTに対し,性能面での潜在能力でアドバンテージを持っているといえるだろう。
 これまで,パネル・メーカーのみならず部材メーカーも,放送の仕様に合わせた製品企画や技術開発を進めてきた。しかし今後はこれを見直し,CRTを超える徹底的な高画質化を目指した技術を開発していく必要がある。テクノアソシエーツでは,2006年1月25日に,東京都 永田町にて「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006」の研究結果報告会を開催する。この報告会では,報告書の内容のみならず記載しきれなかった情報や最新情報を多数盛り込みながら,シャープ,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,韓国LG. Philips LCD Co., Ltd.,台湾Au Optronics Corp.,台湾Chi Mei Optolectronics Corp.といった主要なパネル・メーカーの戦略の違いを明確に解説する。

(伊藤元昭=テクノアソシエーツ プリンシパル)

レポート・ハイライト
CRTを上回り始めたLCD,放送の枠を超えた圧倒的な高画質を目指せ
LCDテレビ生産のグローバル化への対応,パネルは1カ所集中,モジュール工程以降は分散
世界LCDテレビ市場が急拡大,パネル事業の再構築へ もはやLCDの開拓者は日本企業だけではない
主要LCDパネル・メーカー5社の財務戦略 違いと課題がベンチマーク指標に反映
コーポレート・ガバナンス・モデルからLCDメーカー5社の事業戦略の実効性を検証
記事Indexへ

関連イベント・セミナー
レポート解説セミナー
1月25日 於:海運ビル(東京)

テクノアソシエーツ発行レポート
関連ニュース
東アジア進出時の知財戦略における,情報セキュリティの実装方法と管理対策
東アジア進出における知財情報の漏洩シーン
ブラックボックス化戦略と特許戦略の使い分け,契約戦略
インク・ジェット装置メーカーにおける知財ガバナンス
液晶関連メーカーの経営課題と知財・情報セキュリティ
韓国・台湾LCDパネル戦略と日本の装置・部材戦略
LCD関連企業,東アジアで知財と情報セキュリティに課題

電子産業・成長戦略フォーラム
エグゼクティブ・セミナー

液晶パネルの製造装置・部材メーカーにとっての「東アジア進出と事業&知財戦略」
慶應義塾大学ビジネススクール&日経グループと共同開催
詳細

株式会社テクノアソシエーツ
株式会社テクノアソシエーツ


| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム | 
| LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006 | 
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.