株式会社テクノアソシエーツ LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006 電子産業・成長戦略フォーラム 発行レポート

「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006」関連記事
[2006/01/17]

 LCDテレビの市場規模が,2,000万台/年へ届くまでに成長してきた。今後さらに市場を拡大させるためには,パネルの部材からセットまでテレビ受像機のサプライ・チェーンを構成する供給拠点の再配置が必要になると思われる。これまで,LCDテレビの製造では,コストの大部分を占めていたLCDモジュールの低コスト化に注目した製造拠点の構築を考えればよく,先進国の高所得者層に響くような低価格化は実現できた。しかし,CRTテレビを本格的に置き換え,各調査機関やパネル・メーカーが想定する「2008年,5,000万台」といった規模に成長させるためには,さらなる工夫が必要になる。こうした市場規模の拡大を実現するためには,セットの原価を最小化するサプライ・チェーンの構築が不可欠になる。LCDテレビのサプライ・チェーンのうち,どの部分を同一地域に置くのか,または意図的に分散させるのか,テレビ・メーカーやLCDパネル・メーカーは今後,実績や見識,事業意図を反映した知恵を競うことになろう。30型以上のLCDテレビを全世界で定常的に1,000米ドル以下の価格で販売できる体制が目標だ。テクノアソシエーツでは,2006年1月25日に,東京都永田町にて「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006」の研究結果報告会を開催する。この報告会では,報告書の内容のみならず記載しきれなかった情報や最新情報を多数盛り込みながら,シャープ,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,韓国LG. Philips LCD Co., Ltd.,台湾Au Optronics Corp.,台湾Chi Mei Optolectronics Corp.といった主要パネル・メーカーの戦略の違いを明確に解説する。

(伊藤元昭=テクノアソシエーツ プリンシパル)

レポート・ハイライト
CRTを上回り始めたLCD,放送の枠を超えた圧倒的な高画質を目指せ
LCDテレビ生産のグローバル化への対応,パネルは1カ所集中,モジュール工程以降は分散
世界LCDテレビ市場が急拡大,パネル事業の再構築へ もはやLCDの開拓者は日本企業だけではない
主要LCDパネル・メーカー5社の財務戦略 違いと課題がベンチマーク指標に反映
コーポレート・ガバナンス・モデルからLCDメーカー5社の事業戦略の実効性を検証
記事Indexへ

関連イベント・セミナー
レポート解説セミナー
1月25日 於:海運ビル(東京)

テクノアソシエーツ発行レポート
関連ニュース
東アジア進出時の知財戦略における,情報セキュリティの実装方法と管理対策
東アジア進出における知財情報の漏洩シーン
ブラックボックス化戦略と特許戦略の使い分け,契約戦略
インク・ジェット装置メーカーにおける知財ガバナンス
液晶関連メーカーの経営課題と知財・情報セキュリティ
韓国・台湾LCDパネル戦略と日本の装置・部材戦略
LCD関連企業,東アジアで知財と情報セキュリティに課題

電子産業・成長戦略フォーラム
エグゼクティブ・セミナー

液晶パネルの製造装置・部材メーカーにとっての「東アジア進出と事業&知財戦略」
慶應義塾大学ビジネススクール&日経グループと共同開催
詳細

株式会社テクノアソシエーツ
株式会社テクノアソシエーツ


| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム | 
| LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2006 | 
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.