発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム

セミナーのご案内

携帯電話端末業界の変革と成長シナリオ
 今後,日本の電子関連企業が,台頭する東アジア勢など海外企業との競争に打ち勝ち,成長を実現させていくためには,長年にわたって社内に蓄積されてきた技術資産や人材を有効に活用し,新たな事業を創造していくことが求められています。そのためには,まず,業界の「変革」を捉えることが重要であり,その上で自社の技術や製品のポジショニングを再評価し,事業戦略を検討・再構築していかなくてはなりません。しかし,実際には,革新的な技術や事業アイデアであっても,既存の事業ポートフォリオの制約から,十分な資源配分や意思決定の自由度が妨げられてしまい,新事業の創出と成長が困難となっているのが現状です。

 こうした課題を克服し,日本の電子関連企業の成長戦略を後押しする新しい事業化手法として,期待が高まっているのが「カーブアウト・ベンチャー」です。「技術・事業シーズ」を成長戦略に基づいて社外へ切り出し,親会社からの支援と連携を保ちつつ,不足する経営資源については外部から機動的に取り込む,ベンチャーの1形態です。既存事業・組織の枠組みに囚われずに,新事業に最適な事業選択肢を可能とし,また積極的に外部資源を活用することにより,事業展開と成長を加速化させることができます。

 そこで,本セミナーでは,Brics諸国を含め世界規模で市場が成長している<携帯電話端末業界>に焦点を当て,国内のデバイス・部品,ソフトウェア,その他要素技術のサプライヤ企業,それら分野への新規参入企業が,様々な変革を捉えていかに事業機会を掴むか,実際の事業化手法として「カーブアウト・ベンチャー」をいかに活用するか,について考察していきます。
 まず,世代の移行,多機能化,開発コスト削減などに起因した,携帯電話端末業界に起きている様々な変革を概観,国内関連企業への影響と事業機会の可能性について解説した上で,実践的な事業化手法として「カーブアウト・ベンチャー」の仕組みと,株式会社テクノロジー・アライアンス・インベストメントが提供している投資・支援スキームについて説明します。さらに,一層の理解を深めていただくために,ケーススタディとして,プロセッサなどの「半導体周辺」,「組み込みソフト開発周辺」,「実装技術周辺」それぞれにおける成長シナリオについて,具体的に議論してまいります。

 携帯電話端末,または情報家電に関連する半導体設計周辺企業,組み込みソフト開発周辺企業,部品・材料メーカーの事業部門,開発部門,企画部門からの参加をお待ちしています。

【関連記事&コラム】
構造変革が進む携帯電話業界
新たなビジネス機会の発掘へ,投資ファンドが動く
半導体メーカー傘下のエンジニアリング会社に求められる高収益性
〜受託型ビジネスから製品型ビジネスへの転換時期に
世界基準の携帯電話端末作りとは何か,
日本の先端技術を世界市場での競争力強化に繋げる方策を探る

携帯電話端末業界の変革と成長シナリオ
〜カーブアウトによる新事業創出〜
主 催 株式会社テクノロジー・アライアンス・インベストメント
株式会社テクノアソシエーツ
日 時 2006年11月22日(水)13:30〜17:00(開場 13:00)
会 場 日本政策投資銀行 本店 8階会議室
(東京都千代田区大手町1-9-1)
受講対象者 携帯電話端末,または情報家電に関係する企業の事業部門,開発部門,企画部門の統括責任者および担当者
参加費 無料
定員 200名(※定員になり次第,締め切らせていただきます)
お申し込み 受付終了
お申込み締切日 2006年11月21日(火)
お問合せ 株式会社テクノアソシエーツ
【セミナー事務局】
担当:池田,白石
TEL:03-5545-1723
E-mail:ikeda@technoassociates.com
プログラム 13:00−13:35 主催者ご挨拶
株式会社テクノロジー・アライアンス・インベストメント
取締役会長 一色浩三
13:35−14:35 携帯電話端末業界の変革

受動部品の高密度実装技術変革と成長シナリオ
その他具体的変革点数点。

携帯電話端末業界の市場特性と変革ドライバ,サプライチェーンと変革の切り口,変革点と追い風に関しての調査・分析結果を説明します。
株式会社テクノアソシエーツ
プリンシパル 伊藤元昭
14:35−15:10 カーブアウトファンドによる
           成長シナリオ実現の方策
株式会社テクノロジー・アライアンス・インベストメント
代表取締役社長 吉澤正充
15:10−15:25 休憩
15:25−16:05 「携帯電話端末業界企業の成長戦略選択肢
           〜カーブアウト事業機会」 総論


知財経営の視点から,携帯電話端末業界企業の成長シナリオとカーブアウト事業機会に関して,説明します。
株式会社テクノアソシエーツ
代表取締役社長 高野一郎
16:05−16:45 「携帯電話端末業界企業の成長戦略選択肢
           〜カーブアウト事業機会」 詳細


半導体設計受託企業のN倍化に向けた成長シナリオ
組み込みソフト開発周辺・OS・ミドルウエア企業の成長シナリオ

上記の成長シナリオ・カーブアウト事業機会に関して,同業界内での具体的事例について説明します。
株式会社テクノアソシエーツ
ヴァイスプレジデント 宮崎信行
16:45−17:00 閉会挨拶

株式会社テクノロジー・アライアンス・インベストメント
テクノロジー・アライアンス・インベストメントは,常に自らを変革しビジネスに必要な最先端の機能を追求してきた三菱商事と,新金融技術のトップランナーである日本政策投資銀行が共同出資し,日本初のカーブアウトファンド運営会社として,2004年に設立されました。カーブアウト手法を活用し,企業内外の経営資源を最適に結合することによりオープンイノベーションを興し,エレクトロニクス・ハイテク分野において新産業を創造することを使命としています。「イノベーションカーブアウトファンド一号投資事業有限責任組合」の総額は約150億円で,投資実績としては,株式会社フィズケミックス(三菱重工業からの半導体製造装置事業のカーブアウト)があり,引き続き,半導体・電機メーカーなどが経営戦略の一環としてカーブアウトによる新規事業創出を検討する際のパートナーとして,積極的に活動しています。

株式会社テクノアソシエーツ
テクノアソシエーツは,三菱商事の持つ豊富な事業ノウハウ・国内外ネットワークと,日経BP社が持つ高度な専門情報の収集・分析力を融合させ,技術を核とした事業開発に関して大企業・業界コンソーシアム・政府・ベンチャー企業などを対象にコンサルティング/マーケティング事業を行なっています。シンクタンク部門では,2005年11月に「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2006」,2006年7月に「デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編」,「情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編」を発行しました。


【無料セミナー】2018年11月7日(水)はじめよう、“調活” 2019
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ