健康素材・商品フォーラム 新・農業フォーラム 地域自然資源フォーラム 新・農業フォーラム トップページ
ラボレポート


<概 要>
日 時 2009年9月18日(金)14:00−18:30(開場:13:30)
会 場 JAビルカンファレンス 会議室301
(東京都千代田区大手町1−3−1 JAビル3F)
主 催 (株)テクノアソシエーツ,日経BP社
協 力 インテクストラ(株)
定 員 75名
※満席になり次第,申込受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承ください。
受講料
〔対象商品〕
・「アンチエイジング・機能性化粧品の市場・技術動向2009
・「アンチエイジング・機能性食品の市場・技術動向2009

〔参加申込方法〕
レポートに同梱されている参加申込書に必要事項をご記入の上,FAXにてお申込みください。
1部につき3名様まで参加申し込みいただけます。


〔参加申込方法〕
下記ボタンより,必要事項をご記入の上,お申し込み下さい。
お申し込みはこちらから (受付は終了しました)
プログラム 14:00−14:05 主催者挨拶
14:05−15:00 日経ヘルスが読むアンチエイジング市場
日経ヘルス プルミエ 編集長 西沢邦浩

機能性食品や飲料,健康志向食品,サプリメント,医薬品など幅広い産業へとアンチエイジング市場が広がりを見せている。消費者の健康・美容ニーズの高まりやエイジング研究の進展などが市場の発展を後押しする中,現在の市場トレンドや技術革新のカギはどこにあるのか。98年の創刊以来,「解毒」や「代謝」など様々な健康トレンドを生み出してきた日経ヘルス,アンチエイジングトレンドをリードする日経ヘルスプルミエがアンチエイジング市場の現在と今後を読み解く。
15:00−15:10 (休憩)
15:10−16:05 アンチエイジング市場の有力企業の知財力分析・解説
インテクストラ(株) コンサルタント 武村忍

従来,企業における知的財産部門の役割は研究開発部門の活動をフォローする,つまり他部門を助ける役割が一般的であった。しかし,知財部門に求められる役割は果たしてそれだけであろうか。知財部門には「特許情報」という名の下に他社の技術・研究開発情報が宝の山のように積まれている。これらを分析することで,研究開発戦略さらには経営戦略にまで貢献できる提言力が知財部門には備わっている。本セミナーでは,SBIインテクストラの特許分析ツール「StraVision」を使って分析した主要化粧品メーカーおよび食品メーカーの特許戦略動向を紹介する。
16:05−16:30 流通チャネルマーケティング研究会のご案内
(株)テクノアソシエーツ ヴァイス・プレジデント 加藤芳男
16:30−16:45 質疑応答
17:00−18:30 懇親会/名刺交換会
※講演時刻等,随時更新いたします。
※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ 日経ヘルス プロフェッショナルセミナー事務局
(株)テクノアソシエーツ (久保,池田)
TEL:03-5545-1727  E-mail:seminar-c@technoassociates.com


Copyright (c)2008-2013 TechnoAssociates, Inc. All Rights Reserved.
食と健康ビジネス