健康素材・商品フォーラム 新・農業フォーラム 地域自然資源フォーラム 新・農業フォーラム トップページ

キーワードは“アンチエイジング”
ヤマハ発動機が注目するアスタキサンチンの可能性

[2008/08/18]


 脳の認知機能の改善や,メタボリックシンドロームに対する効果などで,最近注目されている「アスタキサンチン」。このアスタキサンチンを工業的に安全かつ安定的に製造するヤマハ発動機は,世界でもっとも高齢化社会が進行する日本の現状および将来を見据え,ライフサイエンス事業を展開している。そのキーワードは,“アンチエイジング”だ。同社,ライフサイエンス事業推進部研究開発グループの石倉正治グループリーダーに,研究の経緯や,今後の開発の展望などをきいた。


はじまりは地球環境問題への取り組みから
アスタキサンチンの生産を開始


 アスタキサンチンは,サケやイクラ,エビ,オキアミなどに多く含まれる天然の色素成分で,海洋性のカロテノイドの一種。強力な抗酸化作用を持つことで知られる。自然界では,サケなどのエサとなる藻類に多く含まれている(図1)。
 もともとバイクやボートなどの製造を行うメーカーであるヤマハ発動機が,畑違いにも見える健康食品素材「アスタキサンチン」の製造を始めたのは,地球環境問題への取り組みの一環だという。

 「バイクやボートを動かすと,二酸化炭素(CO2)を排出します。これからは企業においては地球温暖化対策としてのCO2削減が求められ,その対策が急務でした。排出するCO2を固定する方法としてすぐに考えつくのは,植樹などがありますが,ヤマハ発動機が持っている技術を生かしながら植物の光合成を活用する方法がないかと模索したのが,培養した微細藻類の光合成によるCO2の固定です。微細藻類を使えば,植樹の十数倍のCO2を固定できると試算したのです」と石倉さん。

 研究の結果,藻類を大量培養することに成功。当初は,エビやカニの幼生時のエサとなる微細藻類「キートセラス藻」を供給していた。その後は,さらに藻類が持つ機能性成分の活用に研究のテーマを拡大。その最初の素材がアスタキサンチンだ。

図1 アスタキサンチンの構造
図1 アスタキサンチンの構造


“植物”を使って工業的に生産
純度高く,安定供給できるのが特徴


 「アスタキサンチンを作り出すのは“ヘマトコッカス藻”という藻です。通常は緑色をしていますが,生息の条件によってアスタキサンチンを生成して赤くなります。ですから,ヘマトコッカス藻がより多くのアスタキサンチンを作り出す環境条件を研究。藻の培養装置の中のCO2濃度や光の照射量,培養液中のミネラル量やpHなどをコントロールすることで,アスタキサンチンをより多く含むヘマトコッカス藻の大量培養に成功しました」(石倉さん)。

 その結果,これまでは生産量が天候に左右されがちだった“植物”を工業的に安定生産することができるようになった(写真1)(写真2)。これにより,同社で生成されたアスタキサンチンは,純度を高くすることができるという。ちなみにその純度は,97%以上だ。さらに屋内のクリーンルームに設置された培養装置で作り出されるため,カビやバクテリアなどの混入による汚染(コンタミネーション)を防げるという特徴もある。

写真1 ヘマトコッカス藻。アスタキサンチンを蓄積すると赤くなる(右)
写真1 ヘマトコッカス藻。アスタキサンチンを蓄積すると赤くなる(右)
写真2 アスタキサンチンを工業生産するバイオリアクター
写真2 アスタキサンチンを工業生産するバイオリアクター


アンチエイジング素材として機能性を追究
脳機能改善で優れた成果が


 「その後,研究は大量生産技術から,素材の健康に対する研究開発に進みました」と石倉さん。アスタキサンチンは強力な抗酸化物質。従来から,目や肌,生活習慣病への効果が研究されていた。
 その中で,同社では「脳への作用」(関連記事)」と「メタボリックシンドロームへの作用」に関する研究に力を入れた。

ヤマハ発動機ライフサイエンス事業推進部研究開発グループ 石倉正治グループリーダー
ヤマハ発動機
ライフサイエンス事業推進部
研究開発グループ
石倉正治グループリーダー
 
「アスタキサンチンは,炎症や酸化を抑える成分として,老化や疾患の発生プロセスの上流で働きます(関連記事)。その特性を生かせば,エイジングによるさまざまな症状や不調を改善する素材として機能すると考え,アンチエイジング分野での機能性研究に力を入れています。
 高齢化社会の進展に伴い,生活習慣病の予防や脳機能の維持・改善に対するニーズは,急速に高まることが予測されています。特に脳の認知機能に関する研究(関連記事)は,バイクなどの製造メーカーとして,いかに安全な運転をしてもらうかという観点からも社会的意義が大きいと考えます。最新の研究では,アスタキサンチンがパーキンソン病の改善効果を期待できるというデータも出ています(関連記事),(関連記事)。こうした“脳のアンチエイジング”と呼べる分野において研究をさらに進め,アスタキサンチンのアンチエイジングパワーをさらに追究していきたい」と石倉さんは話す。

 逼迫する医療保険財政,現実に起こりつつある労働力不足,そしていつまでも健康で美しくありたいという人間本来が持つ高いQOLや若さへの憧憬。これら社会環境および消費者のニーズに応えるテーマとして,アンチエイジングは最重要テーマとなっている。今後,本格的に立ち上がることが予想されるアンチエイジング市場。その最右翼の健康成分として,アスタキサンチンに期待したい。









Copyright (c)2008-2013 TechnoAssociates, Inc. All Rights Reserved.
食と健康ビジネス