発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム
ELECTRO-TO-AUTO FORUM
HD Processing FORUM
日経BP知財Awareness

携帯電話端末業界の変革と成長シナリオ

世界基準の携帯電話端末作りとは何か,
日本の先端技術を世界市場での競争力強化に繋げる方策を探る


 ナンバー・ポータビリティ(番号継続制度)などの話題はあるものの,国内の携帯電話端末市場の停滞感は否めない。端末の多機能化やコンテンツ配信など新しいサービスの提供による買い替え需要はあるものの,端末自体の年間販売台数は5,000万台天井になり,急激な市場拡大は望めない状況である。これに対して,世界に目を向ければ,携帯電話市場の拡大が続いている地域は少なくない。この結果,2005年に約7億7,800万台だった端末の生産台数は,2006年には11%増の約8億6500万台と,成長の勢いを維持している。特にBRICsでの市場拡大は顕著であり,日本とは異質の端末ニーズがあるこれら市場が,半導体やディスプレイなど各種部品から端末製造まで,携帯電話端末のバリュー・チェーンに関連して事業を行なう企業の成長のカギを握っていると言えるだろう。日本企業は,日本標準とは異なる世界標準のもの作りの視点から事業戦略を考える必要がある。

 テクノロジー・アライアンス・インベストメントとテクノアソシエーツが主催するセミナー「携帯電話端末業界の変革と成長シナリオ〜カーブアウトによる新事業創出」では,携帯電話端末での技術と産業両面での変革を世界的視野に立って解説し,日本企業にとっての事業機会獲得に向けた課題を明確化する。最先端の端末技術を持ちながら世界市場での強さに繋がらない現状を打破するための方策を探る。日本市場に対応した高性能端末向け技術は,そのままでは世界市場において優位性を生み出さない。海外市場に適応するコンセプトを持ち,ビジネス・モデルやニーズの違いを埋める技術があって,初めて競争力を発揮できる。

【テクノアソシエーツ外部講演】GAFA+αの研究開発が向かうところ〜調査・分析 2018年6月12日(火)10:00〜17:30
無料セミナー 2018年6月6日(水)リスク対策を企業成長の「武器」に変革させる4原則
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ