発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム

パネル・メーカーの事業戦略研究2008

液晶パネル新用途開拓の行方
大型ガラス基板製造ラインをフル活用したいSamsung


[2008/03/07]

 韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.は,ガラス基板製造ラインへの不断の投資やサプライ・チェーンの構築で他の液晶パネル・メーカーの引き離しを図ってきた企業である。ガラス基板製造ラインへの投資の目的は,製造コストの低減や大型液晶パネルの効率的な切り出しなどである。テレビ・メーカーでもあるSamsung Electronicsやシャープは,テレビ市場を40型以上の大型化に誘導するべく活動していたが,テレビ・サイズの大型化は両社の思ったとおりに2007年に進まなかった。さらに,各調査会社は,液晶パネルの金額面での成長が鈍化すると予測を立てている。液晶パネル・メーカーもその点は十分に認識しており,テレビやPC用途以外の新たなアプリケーションの開拓を図っている。

他社に先駆けて40型以上の大型液晶パネル製造を本格化させたSamsung Electronics
 Samsung Electronicsは,40型以上の液晶テレビの新たな市場を開拓しようと活動している市場誘導型の企業である。Samsung Electronicsはテレビ・メーカーと液晶パネル・メーカーの2つの顔を持つ。一般的に液晶パネル・メーカーが普及と収益性のバランスを取るには生産コストの低減が鍵となる。そのための施策で有効なものの1つが“ガラス基板の大型化”である。
 2007年には,ソニーとの合弁会社である韓国S-LCD Corp.が,第8世代(8-1)ラインで液晶パネルの量産を開始した。同ラインでは,月産5万シートを生産している。1シートから52型の液晶パネルを6枚切り出すことができ,これが最も効率のよいサイズである。同年11月には,8-1ラインにSamsung Electronicsが単独で2,300億円の追加投資を行うことを明らかにした。増設した8-1ラインがフル稼働すると月産11万シートを生産できるようになる。Samsungは同ラインで北米市場向きの主力製品である52型液晶パネルの生産を拡大させる。

ガラス基板製造ラインの世代進行が招く事業リスク
 ガラス基板の製造ラインを大型化すると,液晶パネル・メーカーにとっていくつかのリスクが顕在化する。(1)設備投資の多額化,(2)ラインの汎用性が小さくなる,の2点である。
 (1)に関しては,先ほども触れたように,Samsung Electronicsは8-1ラインに2,300億円を追加投資する。シャープも第10世代ラインを含む堺のコンビナートに総額3,800億円程度の投資を予定している。世界各地で進行している放送のデジタル化に伴う特需も予測されているが,液晶パネル事業は需要の変動を受けやすい。
 (2)に関しては,第5や第6世代ラインはテレビ以外にPC用途の液晶パネルも生産しているが,第8世代ラインは今のところテレビ以外の用途はない。Samsung Electronicsは,30型台の液晶テレビの新用途として寝室用などの“セカンド・テレビ”,また30型台の液晶パネルをPCモニタとして使用することを提案していたが,実際に需要がどこまで伸びているかは不明である。


液晶パネルの新用途開拓を目論む
【写真1】
写真1:Samsungの店舗用70型液晶パネル
Samsungの店舗用70型液晶パネル
  調査会社の米DisplaySearch社は,2008年度以降,液晶パネルの価格下落が進み、テレビ向け液晶パネルの金額面での成長が鈍化する予測を立てている。
 Samsung Electronicsは,2007年5月に米国で開催されたSID 2007において,駅や空港などで使用する公共表示に代表されるDigital Signageと呼ぶB2Bのビジネス・モデルを発表した。すべての公共表示が液晶に置き換わるとすると数量と金額の規模は莫大なものになる。液晶パネル・メーカーには是非とも開拓したいジャンルである。その後も展示会などで積極的に液晶パネルの新用途を提案している。店舗用を想定した電子看板のサンプルやタッチ・パネルと組み合わせた46型HDタイプ液晶パネル,70型・82型フルHDタイプなどの液晶パネルなどである(写真1)。

 ガラス基板製造ラインを大型化した液晶パネル・メーカーは,液晶パネルの新アプリケーション開発に向けて様々なことにチャレンジしている。「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2008」では,このような液晶パネル・メーカーの事業戦略について分析した。主要液晶パネル・メーカー5社の事業戦略を事業ミッション,市場認識,技術戦略,製造戦略,製品戦略,販売戦略,事業体制,財務戦略の8項目に分けて多角的に分析,FPDテレビ業界に関連するパネル・メーカー,部材メーカー,装置メーカーなどに指針を示す情報を提供する。

【無料セミナー】2018年11月7日(水)はじめよう、“調活” 2019
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ