発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム

パネル・メーカーの事業戦略研究2007

LCDモジュール工程のグローバル展開が本格化
欧州はポーランド,米国はメキシコが中心

[2007/02/20]

 LCDモジュール工程(後工程)の生産拠点を大市場近隣に移す動きが加速している。欧州市場向けはポーランドが,米国市場向けはメキシコが,工場建設地の中心である()。その狙いは,(1)大市場への輸出の際に関税が安い,自由貿易協定が締結されている,などメリットがある地域での生産による貿易費用の削減,(2)労働集約的な工程であるモジュール工程における人件費の削減,(3)グローバル化で先行するテレビ・メーカーの生産拠点への物流費用の削減,などである。一方,前工程にあたるアレイ工程とセル工程に関しては,自動化設備による大量生産の方が安価なため,東アジア地域で一括生産する。前工程のグローバル展開を想定するパネル・メーカーは,現時点では出てきていない。

 欧州市場向けでは,欧州連合(EU)がLCDモジュールの関税を5%に引き上げることを発表したため,パネル各社はにわかに現地生産を急ぎ始めた。韓国LG.Philips LCD Co.,Ltd.は,まず2007年3月に300万台/年規模のモジュール工場をポーランド南西部のプロツワコビエルチェ地域に建設し,本格的な量産を始める。シャープもポーランドに進出した。また韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,欧州向けLCDモジュールの生産拠点として,スロバキアでの生産を検討している模様である。
 北米市場向けは,関税や人件費面での利点からメキシコが中心になる。シャープはすでに2006年9月から,同国バハ・カリフォルニア州のLCDテレビ工場に付随して,モジュール工程の生産を開始している。さらに,2007年7月にはモジュール工程からテレビの組み立てまでの一貫生産を行なう第2工場を稼動させる。建物,生産設備を含む新工場の設備投資額は約80億円であり,生産能力は20万台/月の予定。パネルは亀山工場から輸送する。

 「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2007」では,主要LCDパネル・メーカー5社の事業戦略を事業ミッション,市場認識,技術戦略,製造戦略,製品戦略,販売戦略,事業体制,財務戦略の8つの項目に分解し,多角的に分析している。部材メーカー,装置メーカーを始めとするLCD業界の様々な企業が,パネル・メーカー各社といかに付き合っていったらよいのか,指針を示す情報を提供する。2007年2月22日には,本レポート購入者を対象とした研究報告セミナーが開催される。

(伊藤元昭=テクノアソシエーツ プリンシパル)


図:5社における生産拠点のグルーバル化の動向
画像
モジュール工程以降を大市場近隣で行なう体制の整備が本格化してきた。関税の面で大市場への輸出が有利であり,人件費の低い地域が生産拠点に選ばれている。アレイ工程とセル工程に関しては東アジア地域で一括して行なう。現時点で,前工程をグローバル化することを考えているパネル・メーカーはない。テクノアソシエーツが作成した。テレビ・メーカー各社はすでにテレビの組立拠点を大市場近隣に展開しており,テレビ生産との一貫性もとりやすい。


次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ