発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


技術&事業
インキュベーション・フォーラム

パネル・メーカーの事業戦略研究2007

テレビ向けLCDパネルは放送規格を超える性能へ
技術開発は,テレビ・メーカーとのコラボレーションが成功のカギ

[2007/02/14]

 テレビ向けLCDモジュールの開発では,放送や蓄積メディアの規格にとらわれることなく,高画質化するようになってきた。すでに最新のテレビ向けLCDモジュールが展示される展示会などでは,ディスプレイの仕様としては未踏の値を実現した試作機が相次いで披露されるようになっている。パネル・メーカー各社が現在取り組んでいる技術開発テーマとして,三つの分解能の向上が挙がる。それは,パネルの画素数を増やすことによる画面分解能の向上,色のビット幅を増やすことによる色分解能の向上,フレーム周波数を上げることによる時間分解能の向上である。画面分解能ではシャープが4096×2160画素の試作パネルを,色分解能では韓国LG.Philips LCD Co.,Ltd.が20ビットに向上するための技術を,時間分解能では主要5社が一斉にフレーム周波数を120Hzに向上させたパネルを披露した。

 このような放送の規格を超えるような性能を実現するためには,LCDモジュール開発における新たな体制の導入が必要となる。これまでは,テレビ・メーカーや半導体メーカーの仕事だった画像処理技術の開発,パネル・メーカーの仕事だったLCDモジュールの開発を,すり合わせながら進めなければ実現できないからである()。例えば,画面分解能の向上では,放送などの画像データに対し,LCDモジュールの仕様に合わせて元々は存在していなかったデータを補間しなければならない。また,動的領域制御技術でも画像処理の内容に合った制御を行なう必要がありそうだ。画像処理後の出力を標準化するという方法も考えられる。しかし,当面は各社の差異化要因として,独自のすり合わせが行なわれる可能性が高い。

 「LCDパネル・メーカーの事業戦略研究 2007」では,主要LCDパネル・メーカー5社の事業戦略を事業ミッション,市場環境,技術戦略,製造戦略,製品戦略,販売戦略,事業体制,財務戦略の8つの項目に分解し,多角的に分析している。部材メーカー,装置メーカーをはじめとするLCD業界の様々な企業が,パネル・メーカー各社といかに付き合っていったらよいのか,指針を示す情報を提供する。2月22日(木)には,KDDIホール(東京・大手町)で研究報告セミナーを開催する。
(伊藤元昭=テクノアソシエーツ プリンシパル)


図:画像データの処理とLCDモジュールをすり合わせ開発
画像
高画質のLCDモジュールを開発するためには,開発したモジュール固有の技術に対応した画像処理を施さなければならなくなってきている。例えば,フルHDを超える解像度,色数の向上,フレーム周波数の向上には,放送規格などに準拠した画像データから補間データを作り出す必要がある。テレビ・メーカー,半導体メーカー,パネル・メーカーの間で,画像処理回路とパネルの同時並行開発による仕様のすり合わせが不可欠になる。

【無料セミナー】2018年11月7日(水)はじめよう、“調活” 2019
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ