発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


三菱総合研究所バナー

技術&事業
インキュベーション・フォーラム

テレビ・携帯電話編

LCDテレビ部材の業界変革領域は3つ
「LCDモジュール」,「画像・音声処理向けLSI」,「ソフトウエア」
[2006/06/22]

 LCDテレビの業界変革領域は,LCDモジュール,画像・音声処理向けLSI,ソフトウエアの3つ。このような分析結果をテクノアソシエーツが明らかにした。LCDテレビは現在,製品の低価格化によってグローバルに市場が急拡大しており,それに伴って技術,事業の両面で大きな業界変革に直面している。この中で,特に大きな業界変革領域,いわゆる “ホット・スポット”がどこかをテクノアソシエーツが分析した。具体的にはLCDテレビを構成する14部材について,それぞれ技術分類,事業の参入障壁,応用分野への広がりなど12項目で分析した。その結果,特に大きな業界変革が起きている領域である“ホット・スポット”は,LCDモジュール,画像・音声処理向けLSI,ソフトウエアの3領域であることが分かった。このうちLCDモジュールについては,「安定」,「リスク軽減」といったキーワードの周辺に事業機会が生まれていると指摘する。また画像・音声処理向けLSI,ソフトウエアにおいては,LCDテレビの枠組みというよりは,デジタル・テレビの枠組みで業界変革が起こっているとした。

急激な低価格がLCDテレビ部材の業界変革を引き起こす
 LCDテレビは現在,製品の低価格化によってグローバルに市場が急拡大しており,それに伴って技術,事業の両面で大きな業界変革に直面している。この中で,“ホット・スポット”がどこかを分析した。具体的には,LCDテレビを構成する14部材,すなわちLCDモジュール,画像・音声処理向けLSI,画像処理向けメモリー,入出力アナログIC,チューナ,プリント配線基板(画像処理系),受動部品(画像処理系),電源系コネクタ,受動部品(電源系),プリント配線基板(電源系),リモコン,スピーカ,きょう体,ソフトウエアのそれぞれについて,(1)技術分類,(2)事業の参入障壁,(3)競争軸,(4)応用分野の広がり,(5)事業形態,(6)業界構造,(7)ビジネス・モデルの流動性,(8)事業化に必要なR&D投資,(9)事業化に必要な設備投資,(10)生産拠点の設置指針,(11)生産地域,(12)消費地域という12項目で業界変革の度合いを評価した。この結果,LCDモジュール,画像・音声処理向けLSI,ソフトウエアの3つの部材で,特に大きな業界変革が起きていることが分かった(図1)。なお,この分析で取り上げたLCDテレビは32型,1366×768画素である。録画機能や2画面表示に向けたダブル・チューナなどの搭載は想定せず,デジタル地上波放送が受信可能な標準機能を搭載したLCDテレビである。この結果,以下のようなホット・スポットが見えてきた。
 例えば,LCDテレビのコストの大部分を占めていたLCDモジュールは他の部材を上回る30%/年で低価格化した。この結果,2005年にはLCDテレビの大幅な低価格化を実現する一方,LCDテレビ原価に占めるLCDモジュールの割合が急激に下がった。すなわち,今後はLCDテレビを低価格化するためにはLCDモジュール以外を低価格化する,新たなアプローチが不可欠になっている。
 またLCDテレビ市場はグローバル化しており,その出荷台数が2000万台/年を超えている。北米や欧州といった大市場では成長期に入った。32型(対角81cm)の製品が10万円強の価格になり,富裕層以外の消費者に訴求できる状況になってきた。これらの市場変化に伴い,これまでの解像度や応答速度,色再現性,視野角といった画質性能の技術革新中心から,今後は低コスト化と大量生産を下支えする生産技術の変革やビジネス・モデルの変革が重要になる。

 このような急激な市場成長の過程でのLCDパネル不足がテレビ事業の浮沈を決めかねない状況の中で,テレビ・メーカーとLCDパネル・メーカーの中で安定供給に向けた提携が相次いでいる。この結果,「安定」,「リスク軽減」といったキーワードの周辺に事業機会が生まれている。また画像・音声処理向けLSI,ソフトウエアにおいては,LCDテレビの枠組みというよりは,デジタル・テレビの枠組みで業界変革が起こっている。
 このような分析結果の詳細を含め,LCDテレビ,テレビ向けLCDモジュール,携帯電話端末,携帯電話向けLCDモジュールの4分野で起きている業界変革の分析結果を「情報家電・業界変革マップ」としてまとめた。各業界における各社の製品・技術のポジショニングを明確にし,局地的に起こっている様々な変革に乗じた新たな事業機会を探る企業のためのリファレンス情報を提供している。

図1:LCDテレビに用いられる部材の変革
図1:LCDテレビに用いられる部材の変革

【無料セミナー】2018年11月7日(水)はじめよう、“調活” 2019
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ