発行レポート

レポート関連記事

イベント・セミナー


三菱総合研究所バナー

技術&事業
インキュベーション・フォーラム
ELECTRO-TO-AUTO FORUM
HD Processing FORUM
日経BP知財Awareness

ディスプレイ技術編

FPD業界の全体像と,各社の技術戦略が
「特許マップ」分析で明らかに

[2006/05/19]

 フラットパネル・ディスプレイ(FPD)分野は,特許出願件数が他の電子分野と比べて多く,参入企業も多岐にわたるため,その全体像を定量的に把握する試みはこれまでほとんど行われていない。そのため,FPD分野の主要5方式(液晶,プラズマ,有機EL,FED・SED,リアプロ)に関連する特許を見回した時,「どのような企業が,どういった技術分野に参入しているのか」,「それぞれの技術間には,どのようなつながりがあるのか」といった業界関係者からの疑問に答えることは,容易ではない。

 そこで今回,こうした疑問に対し,「特許マップ」(三菱総合研究所が独自に開発した「ぱっとチャート」)を用いて,マクロ的な視点とミクロ的な視点からFPD業界の技術動向分析を行った。特許マップとは,特定分野の数千から1万件程度の特許を一度に取り扱い,分野横断的な技術のつながりや参入企業を,特許明細書の類似性からクラスター化し,周辺領域も含めてその分野の全体像を把握することができる,技術動向の可視化ツールである。
 通常の特定方式・技術・企業に着目した分析から,一段階高い視野で新たに分析を行うことによって,今まで見えてこなかったFPD分野全体の構造が見えてくる。その一例が,選択と集中を進める数多くの日本企業とは一線を画し,近年特筆すべき動きを示している韓国サムスン・グループの存在であろう。韓国サムスン・グループがFPD分野全体において形成しつつある強力な特許・技術ポートフォリオの現状と,その狙いが特許マップ分析から見えてくる。
 「自社が特許を出願している技術領域が,当該分野においてどのような位置付けにあるのか」,「その技術領域周辺にはどのような企業が,どういった特許を出願しているのか」,「競合他社は,近年どういう技術領域に注力しているのか」 − 近年,FPD市場の競争が激化する中,こうした外部環境への現状を知財部門から,研究開発・事業企画部門・経営層まで自社でしっかりと把握し,新たな研究開発活動,事業化に役立てたいという企業ニーズは,ますます増加している。

 「デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編」では,「液晶」,「プラズマ」,「有機EL」,「FED」,「リアプロ」といった5つの主要なFPD方式について,特許マップを活用した技術動向分析を行っている。FPD業界を特許の側面から俯瞰することで,各方式別に技術のつながりや参入企業を捉えるとともに,そこから見える主要各社の狙いについて考察する。
 なお,本レポートの発行に併せて開催されるセミナーでは,知財部門担当者や技術者・研究者の実務における特許マップの具体的活用シーンについても紹介する。

(三菱総合研究所・科学技術研究本部 研究員 三浦義弘)
電子・自動車産業Watcher 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
業界動向クリッパー 閲読分析から見た注目技術・製品・市場動向
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
自動車メーカーの電動車戦略・将来展望 2012-2013
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会〜疾病予防・抗加齢編〜
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(低炭素型建築物・コミュニティ編)
蓄電池システムの有望アプリケーションと普及戦略予測・分析
定置用蓄電池はどこまで使われるか
新刊レポート
新刊レポート
EV普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像太陽電池 次のビジネスの攻めどころ太陽電池・発電業界の変革シナリオ2009自動車の環境対策とエレクトロニクス化LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008情報家電・業界変革マップ−テレビ・携帯電話編LCDパネル・メーカーの事業戦略研究2008韓国ディスプレイ業界デジタル家電・特許マップ−ディスプレイ技術編デジタル家電・特許マップ−電子デバイス実装技術編デジタル家電関連企業の東アジア進出機会FPD業界・装置・部材メーカーの東アジア進出課題 Tech-On!書店バナー

| 産業イノベーションHOME | 電子産業・成長戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子産業・成長戦略フォーラム 産業イノベーショントップへ テクノアソシエーツサイトへ