TOPページへ
ニュース
連携提案
エレクトロニクス・通信
医療・バイオヘルス
環境・エネルギー
注目技術&事業
エレクトロニクス・情報通信
医療・バイオヘルス
環境・エネルギー
ニュービジネス
コラム
お問い合わせ




CoverStory
ダイワ・エム・ティ、秋田新幹線やボーイング787の樹脂型
慶応義塾大電気自動車「エリーカ」のモックアップを手掛ける

[2018/3/30]

 ダイワ・エム・ティ(静岡県富士市)は、自動車向けにデザインモデルや樹脂型、内装設備機械を手掛ける中堅企業である。規模はさほど大きくないものの、その技術力は業界内で高い評価を受けている。その結果、秋田新幹線の樹脂型や慶応義塾大学が開発した電気自動車「エリーカ」のモックアップモデル等の案件を受注してきた。このほかにもボーイング787胴体部分の補強部材の樹脂型も製作している。

サカイ産業、東邦大、静岡文化芸術大が
共同で教育教材用心臓マッサージ実習キットを開発

[2018/3/28]

 心臓が止まった人を見つけたら、真っ先に思いつくのが心臓マッサージである。両手を胸の中心に当て、胸骨の上から心臓を力強く圧迫する。イメージはわかっていても、実際に訓練を受けた人は少ないのではないだろうか。いざというとき適切に心臓マッサージを行えるか不安が残る。そんな課題を解決する練習器具が登場した。サカイ産業(静岡県島田市)と東邦大学医学部、静岡文化芸術大学デザイン学部が共同で開発した教育教材用心臓マッサージ実習キット「Dock-kun(ドックン)」である。

榛葉鉄工所、チタン、マグネ、アルミ、ステンレス、鉄のパイプ加工技術を活用するパートナーを探索

[2018/3/27]

 静岡県の中堅企業である榛葉鉄工所(掛川市)は、自動二輪車のチタン製マフラーで培った技術をベースに難加工材を含むパイプ加工の顧客開拓に注力する。同社代表取締役社長の榛葉貴博氏は「当社は板金やプレス、溶接、パイプ加工といった技術を持っている。構造解析シミュレーションでパイプ等の構造物の応力解析も可能だ。その解析結果に基づき、構造の改良提案も行う。扱える材料はチタンやマグネシウム、アルミニウム、ステンレス、鉄など幅広い。試作だけでなく量産にも対応でき、加工技術のワンストップショップを目指す」としている。

静岡県IoT活用研究会、中小企業向けIoTの啓発と導入支援
導入費用数万円の安価なツールとその導入方法を紹介

[2018/3/26]

 静岡県は平成27年11月に静岡県IoT活用研究会を設立し、県内の中小企業を対象にIoTの啓発と導入支援活動を実施している。この3月13日には「平成29年度静岡県IoT活用研究会総会」を開催し、セミナーや分科会、実証実験等の活動を報告した。静岡県IoT活用研究会の活動の大きな柱は二つある。一つはIoTとは何かを理解するための啓発、もう一つはIoT導入を支援するための分科会である。

井上機工、経済産業省から「地域未来牽引企業」に選定される

[2018/3/22]

 井上機工(静岡県富士宮市)は従業員数200人の配管加工会社である。三菱電機静岡製作所向けのルームエアコン用銅配管加工を手掛ける同社は事業拡大に向けて、銅管の内面に凹凸形状を形成するローレット加工や、ろう付けによる「漏れ」と「詰まり」不良の同時検出に関する技術を開発した。また同社は2017年12月22日に経済産業省から「地域未来牽引企業」に選定されている。

商品開発と販路開拓を強化、フーズ・サイエンスセンター
健康機能性を軸に食品関連産業の集積を目指す

[2018/2/27]

 静岡県は、食品・飲料・化成品・加工機械などの食品関連産業の振興と集積を目指すフーズ・サイエンスヒルズプロジェクトを推進している。同プロジェクトの推進拠点である静岡県産業振興財団フーズ・サイエンスセンターでは、2017年にサイエンスアドバイザーと販路開拓・拡大アドバイザーを設置。健康機能性を軸とした商品開発と販路開拓の支援を強化している。

オープンイノベーションにより新しい価値を創造する拠点
静岡県先端農業プロジェクト拠点「AOI-PARC」

[2018/2/15]

 「農食健、農商工、産学官金連携を推進し、オープンイノベーションによって農業に新しい価値を生み出す」―― こうした目標を掲げる静岡県先端農業プロジェクト(AOIプロジェクト)の拠点「AOI-PARC(Agri Open Innovation Practical and Applied Research Center)」が始動した。同センターには、温度、湿度、光の量・質、CO2濃度を制御することで環境条件を30万通り以上設定できる栽培装置が設置されている。

ファルマバレーセンター、医療機器開発で成果
入居企業、医療機関の連携で歯周ポケット測定器を開発

[2018/2/9]

 医療健康分野におけるオープンイノベーション拠点として、2016年9月にオープンした「ファルマバレーセンター(静岡県医療健康産業研究開発センター)」の入居企業による技術開発・製品化が順調に進んでいる。医薬品の製剤化技術や歯周ポケットの測定器などの開発が進み、入居企業と医療機関等の連携に弾みがついている。



注目技術&事業空白

−120℃の氷を製造するADD社のチラーを活用、鮮魚食品輸送に革新
不二化成品、サイン看板、コルトン向けLED面発光光源を開発
キャップ、金型を加熱するTAM成形システムを開発


サカイ産業、東邦大、静岡文化芸術大が共同で教育教材用心臓マッサージ実習キットを開発
商品開発と販路開拓を強化、フーズ・サイエンスセンター
健康機能性を軸に食品関連産業の集積を目指す
ファルマバレーセンター入居企業、医療機関の連携で歯周ポケット測定器を開発

東洋電産、EV時代を先取りした電気の宅配車を開発
産総研、助触媒セリアの高機能化によって、触媒コスト削減のシーズを発見
NEDO支援ベンチャーが、都市油田の活用を可能にするバイオマス・リサイクル燃料の実証実験を開始


サツマ電機、産業用ブレーキ調整講習会を無料で開催
東洋電産のエンジン駆動発電機搭載車活用新ビジネス、商用車向けタイヤ交換出張サービス
ナカダ産業、海岸、河川を護るロックユニットを開発、公共工事で普及へ


自動運転社会の全体像、ビジネスモデル、競争領域とは?【NEW】
【レポート】世界ドローン総覧〜50用途、173製品、開発企業124社を分析
中国スマート・コミュニティ市場動向・事業機会分析(環境市場編)



オープンイノベーション・フォーラム

オープンイノベーション静岡
トピックス
【座談会】レアアース泥の採泥・揚泥は戦略技術、焦らず段階を踏んで確実に商用化を目指す

【座談会】安定・潤沢な国産レアアースの利用に、日本の産業界は飛躍の未来を感じている

IoT、大手自動車メーカーが製造ラインに導入約60万円のシステムで不良品の発生を大幅低減

人気記事ランキング(2017年10月-12月)















オープンイノベーションコラム

オープンイノベーション・フォーラム




| 産業イノベーションHOME | 技術&事業インキュベーション・フォーラムHOME |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.

(株)テクノアソシエーツ TOPページへ INTERVIEW Index ブレークスルー技術Index 提案Index コラムIndex イベントIndex お問い合せ