成長産業・事業戦略フォーラム
電子・自動車産業Watcher について
本サービスの目的

 変化の激しい時代にあって、製品動向、技術動向、市場動向、競合企業動向、顧客動向を把握することが、事業戦略上極めて重要になります。日経BP社のWebメディアには、専門記者が取材・執筆した数百の記事が日々掲載され、それら記事を企業の第一線で活躍する技術者や研究者、ビジネスパーソンが閲読し、その数は数十万人/日にも上ります。こうした読者である企業関係者がユーザー目線で実際にどんな技術、製品テーマに興味を持ったかといった情報は、企業各社にとって技術開発の方向付けや市場動向を把握する上で貴重な指標となります。「電子・自動車産業Watcher」は、製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者・企画担当などビジネスパーソンに向けた総合技術情報サイト「日経テクノロジーオンライン」(旧:Tech-On!)(日経BP社)の閲読分析を定期的に実施します。こうした「日経テクノロジーオンライン」の閲読分析を通して、企業関係者が製品動向、技術動向、市場動向、競合企業動向、顧客動向を把握するための情報提供を目的としています。

「日経テクノロジーオンライン」 とは?
「日経テクノロジーオンライン」(旧:Tech-On!)は、日経BP社が運営する製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者・製品企画者などの方々に向けた会員制(無料)の総合技術情報サイトです。「日経エレクトロニクス」、「日経ものづくり」、「日経Automotive Technology」、「日経テクノロジーオンライン」に所属する記者が、独自の取材を基に執筆した記事を提供します。このほか、外部の専門家やジャーナリストなどによる寄稿記事を組み合わせて、「ニュース」「特集」「コラム」「展示会・学会報告」など、さまざまな切り口の技術情報を掲載します。技術者の方々を総合的に支援することを目的として、日々活動しています。
会員登録数:825,110人(2013年2月現在)。

主な読者層

「日経テクノロジーオンライン」 分析対象記事
「日経テクノロジーオンライン」のテーマサイト 「クルマ」、「家電・PC」、「ディスプレイ」、「半導体」に掲載されたNEWS、EVENT記事が対象です。各月の記事の閲読者数を基に分析しています。
注目度Index

「電子産業Watcher」では、「注目度Index」という指標を使用しています。「注目度Index」 はそれぞれの分野におけるNEWS&EVENTの当該月のトップ30記事の平均閲数を100として指数化した指標です。それぞれの分野の月内での注目度Indexの比較は閲読数に比例しています。一方で分野間、月間の比較はNEWS&EVENTの当該月のトップ30の記事の平均閲読数で規格化された比較となります。

「電子・自動車産業Watcher」に収録されている主な資料情報の読み方

企業別注目度

棒グラフはトップ30記事の中で取り上げられている企業の記事数と1記事当たりの注目度Index平均を示します。
企業別注目度は、企業側の情報発信意欲(記事数)と各企業一記事あたりに対する読者の関心度を表しています。
注目度Index平均によって記事数の多い大手企業だけではなく、記事数の少ない企業の技術・製品にも焦点が当たります。

用途・デバイス分類別注目度

棒グラフはトップ30記事の中で取り上げられている製品・サービス、部品・材料ごとの記事数と1記事当たりの注目度Index 平均を示します。製品・サービス、部品・材料分類別注目度は、記事数から業界の開発の方向性とそれに対する読者の関心度を分析することができます。

企業/用途・デバイス分類別注目度

図中縦軸はトップ30記事の中で取り上げられている企業の上位十数社(注目度Index合計が高い企業)。横軸は記事で取り上げられた製品・サービスです。円内の数字は、各社の製品・サービス分類ごとの注目度Indexの合計です。円が各企業の訴求または注力製品・サービスに相当し、円の大きさがその製品・サービスに関する読者の関心度に相当します。各企業がどのような用途、デバイスに注力しているか、どういった用途・デバイスが読者の関心度が高いか分析することができます。

技術分類別注目度@

棒グラフはトップ30記事の中で取り上げられている技術分類ごとの記事数と1記事当たりの注目度Index平均を示しています。技術分類別注目度は、記事数から業界の技術開発の方向性とそれに対する読者の関心度を分析することができます。

技術分類別注目度A

図中縦軸はトップ30記事の中で取り上げられている企業の上位十数社(注目度Index合計が高い企業)。横軸は記事で取り上げられた技術です。円内の数字は、各社の技術分類ごとの注目度Indexの合計です。円が各企業の訴求または注力技術に相当し、円の大きさがその技術に関する読者の関心度に相当します。各企業がどのような技術開発に注力しているか、それに対する読者の関心度を分析することができます。

市場動向分類別注目度

棒グラフはトップ30記事の中で取り上げられている記事のタイプ別の記事数と1記事当たりの注目度Index平均を示しています。市場動向分類別注目度は、企業側の情報発信の内容別傾向とそれに対する読者の関心度を表しています。

トップ10記事推移

過去の注目度の高いトップ10記事を比較することで、注目技術・製品・サービス・企業に対する読者の関心度の変化を分析できます。それによる、業界のトレンドを把握することができます。

トピックス

毎号・各分野ごとに、今後の技術トレンド・業界動向を示すテーマをトピックスとして取り上げ、解説します。
特許分析、製品動向などから今後の市場の方向性を示唆します。

「電子・自動車産業Watcher」資料サンプル

「電子・自動車産業Watcher」の説明資料およびサンプル版(PDFファイル)をダウンロードしてご利用いただけます。サンプル版には、創刊号(2013年8月〜10月データ)の「クルマ」編を収録しています。資料の入手、サンプルの試読をご希望の方は、下記よりお申込ください。

資料をダウンロードする

| 産業イノベーションHOME | 成長産業・事業戦略フォーラム |
Copyright (c) 2005-2013 TechnoAssociates, Inc. All rights reserved.
電子・自動車産業Watcher