健康素材・商品フォーラム 新・農業フォーラム 地域自然資源フォーラム 新・農業フォーラム トップページ
ラボレポート


 
2009年6月の改正薬事法の施行に伴い,コンビニエンスストア,ドラッグストア,総合スーパーといった販売チャネルの垣根が低くなり,健康市場ではチャネルの枠を越えた連携体制の模索や新たな業態の開発など,流通・小売業界では転換期を迎えつつある。本セミナーでは,有力コンビニエンスストア,ドラッグストアの担当者・関係者を交え,健康・機能性商品市場を展望し,今後の市場トレンドや有効なマーケティング手法に関する検討を行う。

<概 要>
日 時 日時: 2009年10月30日(金)13:30−17:10(懇親会:17:30−19:00)
会 場 JAビルカンファレンス 301会議室
(東京都千代田区大手町1−3−1 JAビル3F)
主 催 (株)テクノアソシエーツ,日経BP社
定 員 75名
受講料 受講料購入者
〔対象商品〕
・「アンチエイジング・機能性化粧品の市場・技術動向2009
・「アンチエイジング・機能性食品の市場・技術動向2009

〔参加申込方法〕
別途ご案内させていただいている申込み方法から必要事項をご記入の上,お申込みください。
1部につき2名様まで参加申し込みいただけます。

受講料一般
〔参加申込方法〕
下記ボタンより,必要事項をご記入の上,お申し込み下さい。
お申し込みはこちらから (受付は終了しました)
プログラム 13:30−13:35 主催者挨拶
13:35−14:35 「これからの健康市場の消費者トレンド(仮)」
日経ヘルス 編集長
藤井省吾

日経ヘルスは、98年の創刊以来、健康市場のトレンドセッターとして「解毒」「代謝・巡り」など数々の健康キーワードとトレンドを生み出してきた。サプリメントの販売額が頭打ちになるなど、市場の一部では、停滞感も出ている一方で、人々の健康に対するニーズは確実に高まっている。新たな市場機会はどこにあるのか、日ごろの取材活動を通じて見えてきたこれからの健康市場のトレンドについて解説する。
14:35−14:45 休憩
14:45−15:30 「ナチュラルローソンの健康市場に対する今後の取り組みについて」
(株)ローソン 商品・物流本部 ナチュラルローソン推進部 部長
山口英樹

改正薬事法の施行等がきっかけとなり、健康関連製品の流通市場が大きく変わり始めている。ローソンがマツモトキヨシと業務提携を進めるなど、市場ニーズの変化に対応した業態変革の動きも進んでいる。今後の健康流通市場は、市場ニーズの変化に対応してどのように進化していくのか。ローソンおよびナチュラルローソンの健康・ヘルスケア分野のマーケティング、マーチャンダイジングを手がける山口氏が今後の自社の戦略と業界変革の方向性について解説する。
15:30−16:15 「改正薬事法とドラッグストア業界の今後(仮)」
日本チェーンドラッグストア協会 第3事業部 部長
横田敏

薬事法の改正によってドラッグストア業界に大きな変革の波が襲っている。 薬品の販売方法だけでなく、ドラッグストア・薬局の業態そのものが大きく変化していくことになると横田氏は予測する。コンビニエンス、スーパー等との競争関係が激化していく中、ドラッグストア・薬局は、より地域に密着し、予防・ヘルスケアに重点を置いた業態への進化が求められているという。ドラッグストア・薬局は、近い将来どのように進化し、健康・美容、ヘルスケア商品の売り方はどのように変わっていくのか。ドラッグストアの現在および今後を読み解く。
16:15−16:20 休憩
16:20−17:00 パネルディスカッション
17:00−17:10 質疑応答
17:30−19:00 懇親会(懇談会)/名刺交換会
※講演時刻等,随時更新いたします。
※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ 日経ヘルス プロフェッショナルセミナー事務局
(株)テクノアソシエーツ(久保,池田)
TEL:03-5545-1727  E-mail:seminar-c@technoassociates.com


Copyright (c)2008-2013 TechnoAssociates, Inc. All Rights Reserved.
食と健康ビジネス